詩アーカイブ

言葉を見ない

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

言葉を見てはいけない。

その言葉が発せられる、
その人の背景を
見るようにした方がいい。

「病んだ」言葉だけにとらわれて、
こだわって、勝手に傷つき、
こちらも「病んで」しまってはいけない。

言葉は大切だ。
けれども、たかが言葉だ。
そういう解釈が必要なシーンもある。

大切な人の言葉ほど、
そういう見方ができないと、
大切な人なのに救えないことになる。

言葉を見てはいけない。

そして、それが分かったら、
言葉しか見られない人に、
無防備な言葉を発してはいけない。

別れ

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

別れは、
去っていく人よりも、
残された人々の心に
波風を立たせることを知った。

それは知らなかったこと。
若い心ほど、
波風の立つのは激しい。

SNSの時代には、
「悲しみ」を見せることに、
みなが忙しくなる。

去ったいった人のことよりも、
その悲しみが主役になってしまっている。

その波は激しい。
飲み込まれそうになる。

自分の悲しみでなく、
「悲しみ」の波に飲み込まれ、
自分の悲しみを失う。

そして、
去っていった人への悲しみよりも、
残された人々からの
扱いに対する悲しみを抱くようになる。

何をしたというのか、
何をしなかったというのか。

悲しみは、人それぞれでないのか。
悲しみも、みなと同じものにしないといけないのか。

悲しみとは、故人を悼む個人の感情ではないのか。
どこかに、基準ラインでもあるというのか。
「わたしの悲しみ」が「あなた」に見えるというのか。

落ち着いて、悲しむことすら出来ない。
悲しみたいことに、悲しむことすら出来ない。
なんなんだ、この世の中は。

ぜったい、おかしいぞ。

自分のこと

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

自分の話をするのは、
難しい。

自慢にならないよう、
しかし、
興味を失わせることがないよう、
相手の反応を見ながら、
「いい話」をする。

簡単なことじゃない。

自分が思う「いい話」をするのは、
それほど難しくない。

自分が感動して、
涙を流しながら話すのも、
そんなに難しくないかもしれない。

けれど、その涙に、
誰もついてきていなければ、
自己満足で終わる。

誰の心にも、その話は、
残らないかもしれない。

それでいい、と開き直るのか。
だったら、誰にもその話はするな。

自分の話をするなら、
相手を見た方がいいんだろうな。
何を話したらいいか、
何だったら理解してもらえるか、
何が必要とされているのか。

相手はスポンジ、
自分は吸収しやすい水になる。

勝ち

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

何に勝ちたいか、
本当の、本当の、
心の奥底の部分で、
何に勝ちたいか。

それに、心は占められる。
心に占められたもので、
体が動かされる。

ダメだと分かっていることに
動かされてしまう自分もいる。

しかし、
ダメだと分かっていて、
思いがけなく、
良い結果になることもあれば、
そのままダメなこともある。

ダメなままにすれば、ダメなまま。
ダメなことを学んで、
自分を修正してみれば、
よくもなりうる。

同じことをやるにしても、
心は、まったく違う。

あっちでこっちに向かってくる敵、
こっちからあっちに向かう自分。

戦う場面は同じでも、
まったく別の目的で戦っている。
そして、その目的にそって、
出た結果を解釈することになる。

冷静であるように、
冷静であるように。
それだけを願う。

心が、悪しき者に奪われないように。
悪しき思いで占められないように。

冷静であるように。
冷静であるように。

見られている

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

見られている。
本当は見られていないのに、
見られていると思い込む。

それを意識したとたんに、
心の有り様が変わってしまう。
行動も変わってしまう。
そして、結果も変わっていく。

見られている。
いったい、誰に。

その「誰」の仮定を間違うと、
意識する方向を誤る。
見ている「はず」の相手を誤る。
心の有り様が、選択が、行動が、
変わってしまう。

見られている、見られていない。
気にする、気にしない。

自分の弱さが分からなければ、
心でコントロールしようにも、
できるわけがない。

どこを見ていたら、
それに気づけるんだろうな。

咲く

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

人がたくさん集まれば、
必ず、人の優劣が見え始める。

生まれて死ぬまで、
ずーっと「優秀」と見られる人は
めったにいないだろう。

誰でも、最初は、
あるいは、どこかでは、
必ず、自分よりも優秀な人に出会う。

そこで、自分を卑下しても、仕方がない。
自分の足りないところが見つけられて良かった、
そんな思いで、自分を伸ばす努力をするしかない。

おしろい花

138円の種で咲く花は、それなりのもの。
でも、手がかからず、水さえ撒いておけば、
かんたんに咲くというから、買う人もいる。

誰も彼もが、豪華な、高価な花が欲しいとは限らない。
それぞれの価値に見合った花を咲かせればいい。

とにかく、咲かせればいい。
へそを曲げて、咲くことを拒んだり、
せっかく水を撒いているのに、
吸収しようとしないなんて、もったいない。

とにかく、咲けばいい。
自分なりに咲かせられる花を。

気になる人

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

好きだから気になるんじゃない。
今日の機嫌はどうなんだろう?
と思いながら、その人を眺める。

今日はどうかな?

いつもいつも、
そんな気持ちで見てしまう相手。

疲れてしまう...

そんなふうに思われていることを、
その人は知っているかな?

別に嫌いじゃない。
けれど、気遣いが続く状態は、
好きじゃない。

いつもいつも。

機嫌がよさそうな日には、
なんとか、安心できる。

明らかに、自分のせいで、
不機嫌そうに思える日もある。
自分のせいだからって、
何か謝ることがあるわけじゃない。

何か悪いことをしたわけでもない、
自分の何かが、不機嫌にさせている。
そこで大切なことは、
その人が、自分に必要以上の関わりが
なくてもいい状態に置くこと。
しかし、それが難しい。

関わらないといけない人だから。
私のため、その人のため、全体のため。

ああ、気になる、めんどくさい。

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

朝の時間は、豊かだ。
誰も起きてこない、
何も活動が始まっていない。

自分で決められる。
自分で行動できる。

しかし、ネットに向き合った瞬間から、
その状況が変わってしまう。
情報が、波のように流れ込んでくる。

否が応でも、脳が、その情報に
反応していくことを求められる。
知りたくなる、買いたくなる、
頭の優先順位が変わる。

朝くらい、
インターネットから離れた方がいい。
それが自分のため。

干渉

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

自分の問題でないことに、
必要以上に、心を奪われてしまう。

なぜだろう?
と思いながらも、
そこに囚われてしまう心を
止められない。

自分の問題と勘違いしている、
なんとか、自分の思い通りの状態にしたい、
そう願っている。固執してしまっている。

だから、なかなか、逃れられない。

ただ、見ていて、
心がじれているだけなら、
「自分の問題」のままで済ませられる。

口に出して、
その相手に言ってしまえば、
その瞬間から「二人の問題」のような扱いに
自分のなかで変わってしまう。

しかし、相手にとっては、
干渉されたことになることもある。

もちろん、相手の選択によって、
自分がどのような損害を被るか、
ハッキリしているのなら、
それは干渉でないのだが、

自分の気持ちだけの問題なら、
やっぱり干渉だ。

干渉しない、干渉しない。
それは、自分の問題じゃない。
自分に、言い聞かせて、前に進むべ。

覚悟

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

覚悟がないから、迷う。
覚悟がないから、ハラハラする。
覚悟がないから、他人の目が気になる。

覚悟がない二人がそろえば、
お互いを責める準備に忙しくなり、
お互いを前に進めなくしてしまう。

いっしょにいる相手が、
決められなくても、
何も進めないとしたら、
きっと覚悟がないこと。

そして、その人といることで、
自分も進めないでいるとしたら、
きっと、自分も覚悟がないのだ。
何かの覚悟が欠けているのだ、足りないのだ。

覚悟が出来た時に初めて、
前に進むことができる。

解決するとは限らない。
最善の策であるとも限らない。

覚悟で、前に進むだけ。
それだけ。

でも、それでいいのだ。とりあえずは。