結婚

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

結婚は、二人だけのもの。

誰からも自立していれば、
それだけ、堂々と、
自分たちの好きなように
きっと生きられる。

けれど、だいたいは、
そんなことはない。
どこかで依存されたり、
依存している相手がいる。

そのような人々と、
これまでの関係をどのように変えていくか。

無視もできない、
かといって
伴侶以上に深いかかわりもできない。
(はずだが...)

そもそも、結婚の関係性に、
お互いが求めるものが異なり過ぎれば、
それも、また難しい。

結婚は、二人だけのもの。
本当に、そうならいいのだが。
いや、本当に、いいのかどうかも分からない。

次の部屋へ

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

どうぞ、
次の部屋に行ってください。

もう、ここでは、
あなたの役目はないのですから。
どうか、
次の部屋へ行ってください。

でも、もしも、
ここに居たいのなら、
誰かの役に立てないか、
何かできることはないか、
そんなことを考えてください。

自分に同情をよせたい、
自分を憐れんでもらいたい、
そんなことしか考えないようなら、
どうぞ、次の部屋へ行ってください。
迷惑ですから。

ああ、こんな老い方だけは、
したくない。しないようにしよう。
そのための戒めとして、
次の部屋に行かないあなたが、
私の目の前に居るのだろうか。

思い込み

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

思い込みの修正は、時間がかかる。

一度の経験だけでは、
修正できない。

やっぱり、
これでよかったんじゃないか、
そう思いたい。

だから、失敗する。

そして、しばらくすると、
なんだか、また、
「これでよかったんじゃないか」
と思いたくなる。

運よく、いい気配を見て、
また、そうだったと
思い込みたくなる。

そして、また、失敗する。
やっぱり、ダメだったか。

これを何度も何度も、
繰り返す。

幸い、繰り返すのは、
チャレンジしているから。

何もチャレンジしなければ、
過去の結果がそのまま最終結論になり、
思い込んだことが「正解」で記憶に刻み込まれる。

これこそ、最悪の結論だ。

思い込みの修正は、大変だ。

排除

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

自分のなかにある、
排除したい気持ち。

違和感を感じるもの、
自分と異なるもの、
生理的にイヤなもの、
これは仕方ない。

しかし、本当に、
ぜんぶ排除したら、
きっと孤独になる。

排除したい気持ちと、
群れて安心したい気持ち。
これは、相反するのか。

どちらに、
自分が居るのか。
よく分からない。

ただ今は、排除したい。
同化できないものは、
要らない。

なんだろうな、この気持ちは。