• 投稿日:
  • カテゴリ:

心の薬とは、
何か夢中になれるもの。

心が病んでいる、
心がとらわれている、
心が苦しんでいる。

そんな場合には、
それを超えるほど
夢中になれるものがあれば、
それらは心から離れていく。
これは、間違いようのないこと。

ただし、事態が変わったわけではない。
心が病むこと、とらわれること、
苦しむことから、解放されるだけ。

したがって、この薬は、
ある意味、劇薬とも言える。

夢中になったもののおかげで、
新たな問題が生じるかもしれない。
あくまで、かもしれない。

けれども、夢中になれる心で、
苦しみから解放されたら、
時間の経過とともに、
心も癒されていることがある。
これは事実。

夢中になれるもの、
この劇薬は、他の薬と同様、
人間の使い方しだいなのだ。

心の薬とは、
何か夢中になれるもの。

心が病んでいる、
心がとらわれている、
心が苦しんでいる。

そんな場合には、
それを超えるほど
夢中になれるものがあれば、
それらは心から離れていく。
これは、間違いようのないこと。

ただし、事態が変わったわけではない。
心が病むこと、とらわれること、
苦しむことから、解放されるだけ。

したがって、この薬は、
ある意味、劇薬とも言える。

夢中になったもののおかげで、
新たな問題が生じるかもしれない。
あくまで、かもしれない。

けれども、夢中になれる心で、
苦しみから解放されたら、
時間の経過とともに、
心も癒されていることがある。
これは事実。

夢中になれるもの、
この劇薬は、他の薬と同様、
人間の使い方しだいなのだ。