詩アーカイブ

親の心配

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

親は心配するもの。

子供の人生を眺めながら、
自分の育て方のどこかで
間違ったんじゃないか。
ああすればよかったんじゃないか、
こうすればよかったんじゃないか。

考えれば考えるほど、
きりがない。

親は後悔するもの。

しかたがない。

親の仕事に完璧はない。
子供がそれぞれ違うのに、
あらゆる場面に、
最初から最後まで
正解し続けることなんて
できるわけがない。

親は心配するもの。
親は後悔するもの。

しかたがない。

うわさ

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

うわさ、
陰口、
いじめ...

きっと、なくならない。

うわさで、
傷つく人もいる。

陰口が
気になって、
前に進めない人もいる。

もちろん、
いじめられたら、
人生の邪魔され度は、
うわさ、陰口の比ではないだろう。

だから、
うわさくらいには、
負けないようになりたい。

うわさは、
一瞬のことと思って、
前に進みたい。

ただ、ネタを提供しているだけ。
次に、うわさのネタが出てくれば、
すぐに忘れ去られる。

うわさは、長く続くものじゃあない。

喜ぶ

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

喜びすぎると、
誰かに、ひがまれる。

でも、喜んでいいのに、
悲しそうにしているのも、
また、おかしい。
不自然だ。

自分のせいで、
素直に喜べないと
相手に思わせたら、
お互いが、付き合いにくくなる。

人間は、二分されるものじゃあない。

けれど、何か1つの出来事で、
二分してしまう。

結婚した、結婚しなかった、
子供を産んだ、産まなかった、
合格した、合格しなかった、
男、女、
成功した、失敗した...

なんでもかんでも、
一方になった人は、
もう一方になった人から、
理解されないと思ってしまう。

そうやって、お互いが、
すれ違っていく。仕方ない。
そういうものなんだ。

不信

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

信じらないということは、
相手の問題ではなく、
自分の問題。

わからないなら、
わかるまで調べればいい。
待てばいい。

そして、信じるか信じないか、
決めればいい。

何も動かず、
ただ信じられないでいるのは、
自分にとっての時間ロス。

一歩前へ進む。

信じられることを見つけるように。
信じられない感情は、
自分を蝕む。

信じられないでいるのは、
自分の問題。
相手の問題ではない。

眠くなる

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

興味を失うと、眠くなる。

興味のあることでも、
一生懸命にやっているうちに、
難しくなると、眠くなる。

眠くなるのは、いいことだ。

眠くなるネタがあるのは、
いいことだ。

今度、眠れなくなったら、
それをやってみればいい。

眠くならない人って、
たいへんだ。

きっと、心が、
眠らせてくれないのだ。
いろんな心配、興奮が、
心を穏やかにさせてくれない。

幼い頃は、
ぐっすり眠れた人でも、
大人になって、
眠れなくなる。

きっと、安眠って、
精神力の必要なことかもしれないな。

負けない

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

結果はどうあれ、
負けない。
絶対に負けない。

つまり、
あきらめないことだ。
何らかの変化を
必ず求めていく。

変化しないことを
絶対に選ばない。

あきらめさせる、
いろんな誘惑、出来事、事件が、
きっと起こるだろう。
けれど、絶対に負けない。
あきらめない。

変化していく。
人生はまだまだ50年以上もある、
そう思って、変化していく。

飽きる

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

簡単すぎるのも、
難しすぎるのも、
あきる。

やってみようか、
そう思わせるものじゃないと、
長続きはしない。

ちょうどいい難易度。

ただ、そんなものには、
そうそう巡り合えない。

ちょうどいいと思えるところまで、
自分を準備するか、
誰かに助けてもらえると、
やってみようか、と思える。

かもしれない。

飽きないなんて、難しいよな。

よいこと

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

よいことは、たくさんある。
けれど、あらゆる、よいことを
自分ができるとは限らない。

できる、よいことを
するしかない。

願わくは、
自分のする、よいことが、
本当に良いことであるように。

自分と誰かのために、
なるように。

良いこと、
より良いこと、
最も良いこと。

選び、行い、
結果を見ながら、
人は成長していく。

根回し

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

根回しは、嫌いだ。

でも、本当に、
やり遂げたいことに
どうしても根回しが必要なら、
やってやろうじゃないか。

お膳立てが必要なら、
いくらでも準備しようじゃないか。

でも、根回しは嫌いだ。
誰の干渉も受けず、
誰からの邪魔されず、
自分のやりたいように
やったっていいじゃないか。

とは言っても、
人は一人で生きていけない。
関わる人の心も準備しなくちゃいけない。
邪魔されたくないからこそ、
そういう根回しが必要なのだ。

根回し自体は、時間の無駄に思えるが、
根回ししなかったことで、
後処理に、その無駄な時間を
なおさら多くとられるくらいなら、
根回しすればいい。

迷い

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

夢は、語ってばかりいるものじゃない。
たしかに、それは分かっている。

分かっているつもりだったけれど、
本当に、一歩踏み出してみると、
そのとたんに、
問題がふりかかってきたり、
思い出されたりするから、
やっぱり、分かっていなかったとも言える。

一歩踏み出してみればいい。
そして、それであきらめそうになるなら、
不安が心に湧いてきて、
どうしようもなくなるなら、
それまでのことなのだ。

夢をあきらめていいものか。
のほほんと生きていようが、
夢に向かっていきようが、
邪魔なんて、いつでもあるのだ。

突き進め。