詩アーカイブ

わかるために

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

人の心配を
すべて解決することはできない。

でも、そうしないと、
すっきりしない、という人がいる。

しかし、自分本人で、
それを解決しようとするわけではない。

周りの人々に訴えるだけで、
解決してもらえるとだけ考えている。

バカらしい。
おまえの人生ではないか。

とは言っても、周りも、
うるさくされる、騒がれるから、
面倒くさくなって、
結局、解決に奔走することになる。

1つ解決しても、また、新たなことを心配する。
まったく意味ない。

こんなこと、いつまで続くのか。

理屈

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

何かを伝えようとするとき、
正しさどうのこうのよりも、
自分が何を言いたいかを中心にして、
人は、証拠を、理屈を並べる。

そして、それは、
だいたい、うまくいって、
成功したような気がする。

論理が破綻していようと、
自分勝手であろうと、
何かを言い切ることは出来るから。

けれども、
相手のある勝負は、
そうはいかない。

将棋、碁、チェス、
卓球、バドミントン、テニス。
思考力、運動能力の差もあるだろうが、
相手の作戦を読まないことには、
どうにもならない。

ラッキーは起こったとしても、
自分のやりたいことだけやって、
勝てるとは限らない。

相手があるのだから。
相手の頭があるのだから。

がんばる欲

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

がんばるには、
欲が必要だ。

ただ、
いい欲も、
悪い欲もある

いや、
自分をよくする欲もあれば、
自分をダメにしていく欲もある。

ほめられたい欲、
感謝されたい欲、
認められたい欲、
注目されたい欲、
評価されたい欲...

微妙なところだ。

この欲のために、がんばれる。
しかし、
この欲のために、休めなくなる。

引退の時期を逃してしまう。
ああ、困った欲だ。

うそをつかせる

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

うそをつく人間は、
必ず、うそをつく。

うそをつくな、
と言ったところで、
いつか、必ず、うそをつく。

だったら、
そのうそを利用すればいい。

うそをつきやすいように、
導けばいい。そして、
そのうそによって、
本当のことを言わざるを得ない
という状況をつくればいい。

うそはなくならない。
うそをつく人にとって、
それは、自分を守る武器だから。

うそはなくならない。
うそをつくな、と言っても、
まったく意味がない。

うそはいつもある、
そう思っていた方がいいのだ。

愛してあげたい

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

愛してあげたい、
という言葉は、
なんだか微妙だ。

自分の子供、伴侶になら、
まだ分かる。

そして、本当に、
困っている人、
愛が必要な人にも、
それは分かる。

しかし、状況の分からない相手に対して、
「愛してあげたい」とは...

どういうことなんだろう、
と考えた。

たぶん、自分が
「愛されたい」のかもしれない。

自分が「愛」とか「執着」とか何かを
注げば、それと同じものを
返してくれるんじゃないか、
とそんな感情なんじゃないだろうか。

あれだな。
犬を飼うのに、似ているかもしれない。
犬はなついてくれる、
注げば注ぐだけ、
こちらだけを見てくれる。

きっと、共依存の関係ができる。
それを、期待して
「愛してあげたい」と言っているなら、
不幸にならないためにも、やめた方がいい。

そんな感情、捨ててしまえ。

本探し

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

人は、本を探す。
今の時代なら、
ネット上で探す。

なぜ、探す?

自分と同じ考えの人、
うやむやしている思いを
代弁してくれる人、
すっきりさせてくれる人、
そんな人が書いた本を探す。

ネット上なら、
そういう意見を探す。

そして、読む。
ああ、そうだよね、
やっぱり、間違っていないよね。

そう思いたいから、探す。
見つかったら、前に進めるかもしれない。

見つけても、前に進めないなら、
それは、ただ依存しているだけ。
あるいは、変わりたくないだけ。

前に進むために、
いや、ほんの少しでもいいから、
今の時間が通り過ぎるのを待てるように、
本を探す、意見を探す、考えを探す。

人は、ずーっと、そんなもんかも。

歯車

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

生活の歯車が、
うまく回っている時には、
気分がいい。

でも、めったにないこと。
そして、しばらくすると、
また乱れてくること。

いや、乱れてくるに違いないこと。

だって、それが人生だから。

でも、それを防ぐ方法が、
ただ一つだけある。

乱れてくることも、
「歯車がちゃんと回っている」ことの
一部だと思っちゃえばいい。

当初の予定通りにいくこと、
願い通りに叶うこと、
そればかりが、
ちゃんといっていることじゃない。

そうじゃないことも含めて、
人生はちゃんと回っているのだ。
歯車は回っているのだ。

見せない

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

自分を見せる、
ということは、
「見せない」ということだと思う。

見せたいように見せるために、
見せたくないところを
見せないようにしている。

「見せる」行為は、
必然的に、そういう「見せない」行為と
表裏一体のものだと考える。

だから、
見せたがりの人には、
見せたくない何かがあると
思ってもいいかもな。

ある部分だけを見せたい人には、
特に、要注意だ。

何を隠しているんだ?この人は...

負けに慣れる

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

戦い続けるためには、
負けに慣れるしかない。

戦えば、
必ず負けることがあるから。

自分より弱い相手となら、
勝てるかもしれない。

けれど、本当に強くなるためには、
自分より強い相手と
戦わなくてはいけない時がある。

ただ、
自分が常勝だった相手ですら、
ちゃんと成長してくるから、
それに勝ち続けることだって、
実はたいへんなのだ。

だからこそ、
負けに慣れるしかない。

そうやって、
強くなっていくしかない。

自分には向かない、
自分は弱い、
やっぱりダメだ。

そう思いながらも、
でもな、これを戦うしか、
もうやれることはないんだよな。

そう思って、戦えばいいのだ。

見た感じ

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

初めて見るものは、
それがどういうことか
どういう意味をもつか、
なかなか分からない。

けれど、
経験を積んでくると、
何度も見てきたことから、
それが何か
分かってくる。

私はレントゲン写真を見ても、
それが、病状の何を示しているか、
分かるものではない。

経験を積んだ医者は、
ちょっとした違い、影、形で、
どんな症状に至っているか、
分かってくるのだろう。

スポーツや将棋なども、
似たことだろう。

経験を積むことで、
「絵解き」ができるようになる。
今目の前に見えるものが、
どんなことを意味するか。

そういうことが分かったら、
強いだろうなぁ。