別れ

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

別れは、
去っていく人よりも、
残された人々の心に
波風を立たせることを知った。

それは知らなかったこと。
若い心ほど、
波風の立つのは激しい。

SNSの時代には、
「悲しみ」を見せることに、
みなが忙しくなる。

去ったいった人のことよりも、
その悲しみが主役になってしまっている。

その波は激しい。
飲み込まれそうになる。

自分の悲しみでなく、
「悲しみ」の波に飲み込まれ、
自分の悲しみを失う。

そして、
去っていった人への悲しみよりも、
残された人々からの
扱いに対する悲しみを抱くようになる。

何をしたというのか、
何をしなかったというのか。

悲しみは、人それぞれでないのか。
悲しみも、みなと同じものにしないといけないのか。

悲しみとは、故人を悼む個人の感情ではないのか。
どこかに、基準ラインでもあるというのか。
「わたしの悲しみ」が「あなた」に見えるというのか。

落ち着いて、悲しむことすら出来ない。
悲しみたいことに、悲しむことすら出来ない。
なんなんだ、この世の中は。

ぜったい、おかしいぞ。

別れは、
去っていく人よりも、
残された人々の心に
波風を立たせることを知った。

それは知らなかったこと。
若い心ほど、
波風の立つのは激しい。

SNSの時代には、
「悲しみ」を見せることに、
みなが忙しくなる。

去ったいった人のことよりも、
その悲しみが主役になってしまっている。

その波は激しい。
飲み込まれそうになる。

自分の悲しみでなく、
「悲しみ」の波に飲み込まれ、
自分の悲しみを失う。

そして、
去っていった人への悲しみよりも、
残された人々からの
扱いに対する悲しみを抱くようになる。

何をしたというのか、
何をしなかったというのか。

悲しみは、人それぞれでないのか。
悲しみも、みなと同じものにしないといけないのか。

悲しみとは、故人を悼む個人の感情ではないのか。
どこかに、基準ラインでもあるというのか。
「わたしの悲しみ」が「あなた」に見えるというのか。

落ち着いて、悲しむことすら出来ない。
悲しみたいことに、悲しむことすら出来ない。
なんなんだ、この世の中は。

ぜったい、おかしいぞ。